FC2ブログ
<< 孤独な一人暮らしは冷蔵庫とお喋り :: main :: 書いた記事が消えてしまい 新たに書く気力なし >>

赤い糸は細々ながら繋がっていた

昨日の記事が消えてしまった原因は元々 私が追記の場所に間違って書き
そのまま記事を投稿にしたので 中身のない投稿になってしまい


以前にも2~3度同様の失敗をした時は 記事全体を 本文の編集に貼り付けたから
消える事はなかったのに
昨日は その方法をすっかり忘れてしまっていて
記事の管理の所を削除してしまったから まるっきり消えちゃった訳なんです。


これからも あり得る事なので 気を付けましょう~私。



火曜日は Aと一緒に 大きな病院に行って来ました。
Aの担当医には 私の事を話してあるものの 初診扱いなので
9時に病院に着き 診察・検査・診察が終わったのは 1時を過ぎていました。


診察の結果は 腹部の腫れに付いては 右側乳房下から斜めに20㎝の切り傷は
身体の表面より 寧ろお腹の中の傷の方に 問題があり
お肉が盛り上がって治る時点で 均等にはいかなかったようで
固まったり 薄くなったりした事に依り 腫れや逆に引き連れなどが起こっているようです。


これは日にち薬で治るのを待つしかないようです。


のう胞は問題なし・・・月イチの経過観察必要あり


下剤の変更については よくないと言われているらしいが
その薬を10年以上服用していて大丈夫なんだから
無理に変更する必要はなし。


漢方100番は う~~~ん。飲まなくてもいいでしょう。



胆のう摘出時の20㎝切開によって 新たな癒着が起こっている事は
間違いないので
それより 腸閉塞を起こさないための食事に気を付ける事が
一番大事です。


まとめるとこんな感じのお話でした。


ただ私は今 掛かりつけ医に1か月に1度診ていただいているので
もし また急を要する入院などになった場合 このDrにお願いできるという
安心感を得ました。



お腹が空き過ぎたAと 病院内の食堂で定食を食べました。


黙食の張り紙が至る所に貼り付けてありました。


私たちも席を離れて座りました。


その後 デパ地下で食料品を買ってあげると言う申し出に
一旦断ったものの 何度も誘うので 結局2台の車で行き
控え目な食料品を買ってもらって さよならしました。


私は 完全に赤い糸が切れてしまって イヤ切りたかったのに
こんな風に病気の事を出されると
無視できないし 有難いとさえ 思ってしまいました。


これでは 永遠にさよならには なる訳がありません。


一線を引いた賢い付き合い方が これからの課題です。


おちびのモッコウバラ


DSC01841.jpg


これまた おちびのハナミズキ


DSC01842.jpg



良かったら応援クリックお願いします~💛



FC2Blog Ranking


にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ



スポンサーサイト



 |   |